LULA

【Feature】Interview|Cecilie Bahnsen Part 1

【Feature】Interview|Cecilie Bahnsen Part 1
新進気鋭デザイナーが語るブランドの未来

Photography by Mitch Nakano

凛とした空気と、繊細な美しさをまとう「CECILIE BAHNSEN」。
思い描かれるのは、無垢な少女性に垣間見える、芯の通った女性像。

今回、英国発のECサイトMATCHESFASHIONが日本で初となる単独展示会を開催。
ゲストデザイナーとして導かれたデザイナー Cecilie Bahnsenに、彼女が描くブランドの展望、また、コレクション制作における意志を聞いた。
今インタビューは、2回に分けて掲載。



−まずはじめに、人生において、インスピレーション源となっているものを聞かせてください。

私は過去に、ロンドンとパリで働いていました。
そこで学んだ、ロマンティックでディテールを重視したクチュールの影響は大きいと思います。

また、私はデンマーク出身でもあるので、スカンジナビアデザイン文化のミニマルで実用性を重要視したカルチャーにも感化されています。


−あなたが創り出す洋服の研ぎ澄まされた雰囲気には、ロマンスのような甘さと独特の女性らしさを感じます。
ファッションに興味を持ったきっかけを教えてください。

私は幼い頃から、美しいものに囲まれて過ごすことに憧れを抱いていました。
そのことをずっと夢見ていて、常に、物作りをする人々に強い関心を抱いていたと思います。

また、私が子どもの頃あまり勉学の面で優秀ではなかったことも、スタートポイントになったと思います。
やがて私はロンドンとパリで働き始めて、ファッション業界のタフさを痛感しました。
それらの経験があったからこそ、私は現在、毎シーズン過去の自分を乗り越えられるようになったのです。



−2019年春夏コレクションの延長線として、MATCHESFASHION限定のカプセルコレクションを発表されたそうですが、
そのコラボレーションにおいて、インスピレーション源やデザインのポイントを教えてください。

このコレクションでは15点の、まるで芸術作品のように美しいドレスを作りたいと思いました。
それぞれのドレスの生地は、MATCHESFASHIONのためだけにユニークなカラーを配しています。

私自身は、ホワイトとブラックが好きです。
しかし、MATCHESFASHIONにはカラフルなイメージがあったので、その女性像に合うような、ブルーやイエロー、そしてグリーンを取り入れる必要がありました。
なので、普段あまり色を使わない私にとっては、とてもいい経験になりました。

最終的に、MATCHESFASHIONと「CECILIE BAHNSEN」お互いの色が合わさり、とても印象強いピースができたと感じています。


−日本のシューズブランド「SUICOKE」とのコラボレーションにも同じような特徴がありましたね。
男性的な形に、女性的で繊細なグラスビーズをあしらったサンダルシリーズ。
このコレクションについて教えてください。

初めて日本に訪れた際に「SUICOKE」のサンダルを買いました。
私のドレスとの組み合わせがとても気に入って、また、履き心地や実用性に惹きつけられました。

私のスタイルは「SUICOKE」の正反対でとてもフェミニン。
なので、 私からアプローチをかけた時は驚かれました。
私も最初は、対極にある2つの世界を合わせられるなんて、思いも至りませんでした。



−以前のインタビューで、女性が互いに支え合うことがブランドとしての強さだと語っていましたが、
今後どのようなコラボレーションやクリエイションをしたいですか。

私たちは常に、ブランドのイメージにコントラストを与えるようなコラボレーションをしていきたいと思っています。
また、来季のウィンターコレクションでは、まだ詳細は言えないのですが、サプライズになるようなものも企画しています。

今までの私たちのイメージとは異なりながらも、高いクオリティを目指しています。


− 他に何か取り組まれている、新しいプロジェクトはありますか。

現在は、1月に発表される2020年春夏コレクションの制作に取りかかっています。
今回は、ドレスだけでなく、ドレスに合うコートや他のアイテムも披露する予定です。

また、ニットウェアなど、ブランドの象徴的なアイテムとなっているものに、新しい要素が加わったラインナップにしたいと考えています。



Cecilie Bahnsen:
コペンハーゲンを拠点に活動するデザイナー。
2007年にロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業し、パリの「DIOR」や「ERDEM」、また、John Gallianoのもとでデザインアシスタントを務めた。
2015年、故郷のデンマークに戻ると、独自の素材を用いてハンドメイドで制作する自身のブランドを設立し、生地の組み合わせとマテリアルのレイヤリングによる機能性とエフォートレスさのバランスに焦点を置いている。
ceciliebahnsen.com





Ethereal and feminine. Innocence within power.
This is the female image of the Danish brand CECILIE BAHNSEN.

MATCHESFASHION held their first solo exhibition in Tokyo, having the Danish womenswear designer Cecilie Bahnsen as their guest designer.
Lula JAPAN interviewed her and asked her on the prospects of her eponymous label and her creations.



What do you draw inspiration from?

I used to work in both London and Paris before and I think that kind of couture influence has a lot about romance and details, and that has influenced me.

Then, I also have my Danish heritage, like my minimalistic functional side.
So I always try to combine those two things.


Your clothes have this femininity and romanticism into it that it is quite translucent and we can also see that through its material.
What led you to become interested in fashion from such an early age?

At an early age, being surrounded by that kind of beauty constantly was like a dream to me.
I think that for me it was really a dream and I saw people creating this universe of creation.

And then also, I wasn’t the best at school so that was a starting point.
Then working in both London and Paris, and through that, you can learn the toughness of this business.
It is also the ambition and the drive that keeps pushing yourself to make it better every season.


As a continuation of your SS19 collection, you have released a capsule collection for MATCHESFASHION earlier this year.
Is there any specific thing that you were inspired of?

What we really wanted to do for that collection, was to create 15 beautiful dresses that would stand like art pieces on their own.
And to have their own history.
So the fabric for each piece was uniquely designed for Matches in a unique colour.

I always loved black and white but I think MATCHESFASHION is all about colours.
And I think the MATCHESFASHION girls like to wear it, so it was really important for me to bring the blue, the yellow and the green.
So it was kind of a challenge for me to work on something colourful.

But I think it became really strong and all colours have their own rights.
I think there is a very mutual understanding of each other’s aesthetic.


We can see those features on your collaboration with SUICOKE.
The shapes and the colours are very masculine, but then you added those little details that embodied femininity in the form of flowers.
Could you tell us more about it?

I brought a pair of SUICOKE sandals for myself on the first time I was in Japan, and I loved to wear them with the dresses.
And it just felt comfortable and utilitarian and easy.

When I approached them, they were really surprised about it, and it was that surprise that really worked.
Because we didn’t know we could combine these two worlds.
It is a collaboration that has really grown and it was nice because now we’ve done it for a whole year with every collection.


You have also mentioned that your brand is about the strength of girls and women supporting each other.
What would it be your dream collaboration/ project?

With collaborations, we always try to keep doing things that gives us a contrast.
We are looking again to do something with contrast for our Winter collection, so that it surprises the people a bit.

I can’t say too much yet but I think it is always about the surprise of something that it is quite differently aesthetically but that always having the same quality.


Are you working on any new project?

Yes, we have just started to work on our Autumn Winter collection that we are going to show in January.
It won’t be just dresses but also we will have the perfect coat and other things.

I think it will be really about layering and beautiful knitwear and all those things that we are already known for, but adding these new elements.


Cecilie Bahnsen:
Danish fashion designer with an MA at the Royal College of Art in London.
After graduating from the Danish Design School in 2007 she worked as an assistant for CHRISTIAN DIOR in Paris as well as for ERDEM.
While creating the look and selecting materials for her collection, Cecilie focused on achieving an effortless feel and a style that would radiate wearability.
She worked with soft layering of materials and a strong focus on techniques and fabric combination.

LATEST TOPICS