【Feature】Interview|Peter Do Part 2

【Feature】Interview|Peter Do Part 2

ミレニアル世代を牽引するラグジュアリーブランド

凛々しいシルエットに、女性らしい繊細な仕上がりを生み出す、家族のような制作チームによって具現化された、デジタルの世界と現実を駆使した新しい環境。
ニューヨーク発の気鋭ブランド「PETER DO」が描くのは、タイムレスでコンテンポラリーな、芯の通ったモダンな女性像。

南青山のセレクトショップ ADELAIDEのイベントで初来日したデザイナー Peter Doに、彼が描くブランドのファッション観、そしてその展望を伺ったインタビュー。
今回、第2弾を披露。

−過去のインタビューでTumblrで作品を投稿していたと伺いました。

実はとても有名なアカウントでフォロワーもたくさんいました。
そこでは、私がデザインして作った服や、パターンメイキング、ドレーピングの様子などを投稿していました。


−今でもなおブランドの舞台裏の様子をInstagramに投稿されていますね。

はい。当時はたくさんの人に「何でインターネットにデザインを上げているの?アイデアを盗まれるかもしれない。」などと忠告をされたのですが、今の時代では何をしてもアイデアを盗まれる可能性は大いにあるので、投稿をやめることをしませんでした。

さらに、私は自身のデザイン過程は可能な限り透明性のあるものであってほしいとずっと思っていました。
制作におけるプロセスを他の人たちに共有することで多くの人に出会うこともできました。

実際にブランドを一緒に運営している5人の親友たちもみんな8、9年前にTumblrで出会った仲間です。
私たちはデジタルカルチャーで育ちましたが、現実世界の重要性も把握しています。

−ブランドのInstagramでは、現在ブランドの収入源の大きな割合を占めているそうですが、このアプローチは意図的に行ったのでしょうか。
それとも自発的に起きたことでしょうか。


自然に起きたことだと思います。
Instagramのアカウント(@the.peterdo)を作った当初はフォロワーが2000人くらいしかいなかったのですが、予想外の速さで数字が伸びました。
シェア率の高さのおかげかもしれません。
私が投稿したものをたくさんの人がシェアしてくれたことで、多くの人に行きわたっていったと思います。

私は計画的に投稿をしているわけではなく、通勤中のバスで投稿をしたり、ランチ中に上げたりと、暇な時間を活用しています。
なので、すごくランダムに起きたことだと思います。


−ファッション業界の未来は店舗からInstagramのようなオンラインプラットフォームに変わっていくと思いますか。

店舗の重要性は変わらず続いていくと思います。
僕は生地が好きなので、実際に店舗に行って商品を触って買いたいと思っています。
しかし、都市部に住んでいない人たちは必然的にオンラインストアに頼るようになるでしょう。
なので、住んでいる場所によってこの問題の答えは変わるのではないかと思っています。

「PETER DO」は生粋のミレニアル世代ブランドです。
私たちのチームが出会ったのもオンライン上だったのと同じように、私たちのファーストシーズンのバイヤーたちもみんなInstagramを通してアプローチが来ました。
そのため、ADELAIDEのような店舗で商品を展開することもブランドとして重要なことです。

若手ブランドとしてできることが限られている中で、良い評判を持ち、テイストも似ているショップが私たちのメッセージを代わりにカスタマーに伝えてくれることでブランドの信頼性も上がっていくと思っています。

−「PETER DO」はモノクロや無彩色なスタイル有名だと思いますが、2020年春夏コレクションの中で抽象表現主義画家のMark Rothkoに着想を得たドレスが展開されています。
今までの趣向とは異なったアプローチをした理由を聞かせてください。


私は何よりもチャレンジをすることが好きです。
「自分が嫌いなものは?明るい色!」と自問自答をした後に、今回のコレクションは明るい色で何かを作ろうと決めました。
「PETER DO」はモノクロや、グレイ、ブラック、ホワイトといった無彩色の色使いで知られていますが、色を付け加えることでより洋服に新たな観点を与えたかったのです。


−ブランドとしての将来の展望は何ですか?

できる限り自由でありたいです。
友人たちとブランドを立ち上げた当初、ファッション業界に対する不満や変えて欲しい想いが大きかった。
多くの同じ業界にいる人は悲しい思いをして働いている中で、「PETER DO」では働きやすい環境作りに専念しています。
なので、今は好きなことだけに集中をしています。

また、将来的にはニューヨークで2シーズンのファッションショーを開くことを目標にしています。
そして、最終的にはニューヨークでブティックが開けたら嬉しいですね。

Peter Do:
ニューヨークを拠点に活動するデザイナー。
2014年にLVMH Graduates Prizeで優勝し、拠点をパリに移しPhoebe Philo率いる「CELINE」で2年間経験を積む。
その後、ニューヨークに戻り「DEREK LAM」で1年半学び、2018年に自身の名を冠したブランド「PETER DO」を立ち上げる。
生地へのこだわりから、タイムレスなリアルクローズで世界中の女性を魅了している。
peterdo.net

RELATED ARTICLES:
ミレニアル世代を牽引するラグジュアリーブランド

【Feature】Interview|Peter Do Part 1
lulamag.jp/fashion/interview-07/peter-do









PETER DO creates strong, tailored silhouettes with delicate details.
The brand embodies a new culture of working collectively, between digital and real life worlds with a team, a family behind the brand.
New York-based, PETER DO depicts timeless and contemporary clothing for a modern woman.

At an event at ADELEIDE, a select shop located in Minami-Aoyama, we asked the designer to share his view on fashion, and the prospects for his eponymous brand.




So you were posting your works on Tumblr?

Yeah, I had a really popular blog where I had a lot of followers so I was posting outfits and a lot of pattern making, draping, and stuff like that.

Even right now you post a lot of behind the scenes on Instagram. And other brands only started to do that very recently.

At the time, people were asking me “Why do you post your designs on the internet? People could steal your ideas”.
But the way I see it is that people will take your ideas either way so I didn’t really see the point of not doing it.

I’ve always wanted my design process to be as transparent as possible.
It’s been a way for me to meet new people.

The five of us that started the brand together met on Tumblr 8 or 9 years ago.
We are natives to digital culture but believe in the importance of in real life culture.

Your Instagram page is clearly your biggest revenue.
Did you deliberately make it that way or this that happened organically?


It happened naturally.
When I first created my Instagram account (@the.peterdo) I had about 2000 followers and it just grew so fast, so unexpectedly.
I think it’s because when we post something, people share it.
Because of that, we would get a lot of followers.

It’s never planned. I don’t know how you can plan that.
Since I run the account I just post whenever I feel like it.
Since I take the bus to work, I would post during my commute or when I’m having lunch.
It’s intuitive.

Do you think that is the way that the fashion industry is going towards?
Instagram/ online stores instead of actual stores.


I like to go to the store and touch the clothes, so I think that stores are still important in some ways.
I appreciate the fabric.
I need to touch the garment, to get a feel for the clothes.
But I know if you don’t live in a city that has those kinds of stores, you will naturally rely on social media and online shopping.
It just really depends on where you live.

PETER DO is a millennial brand.
The founders met on the internet and our buyers from our first season found us on Instagram.
So everything happened through a digital network.
But I also think it’s important to have stores like ADELAIDE to specifically voice and fine-tune the brand image according to the market.

I think that when you are an emerging brand, you do need a store with a reputation and a certain level of taste to support you.

PETER DO is all about monochromatic and simple colors.
However, your Mark Rothko-inspired dress shows a different side of your brand.
Could you please elaborate more on that?


We love to challenge ourselves, so when I asked myself “what don’t I like? Bright colors”, we decided to incorporate colors into the new collection.
We’ve always been known for the monochromatic looks and I wanted to give the clothes a different dimension.

What are the future prospectives for the brand?
How do you want to be known as or how do you want Peter Do to be known as?


We just want to be free for as long as we can.
When I started the brand with my friends, it was from a place where we felt there were a lot of things we don’t like about the industry.
People are really unhappy in fashion and we don’t want to work in that kind of environment.
So right now, we are only focusing on the things we want to do.

In terms of future goals, we would love to do a show in NYC, maybe in two seasons.
We would also love to open a boutique in New York.


Peter Do:
Designer based in New York City.
After winning the inaugural LVMH Graduates Prize in 2014, Peter moved to Paris to design under Phoebe Philo’s CÉLINE and later at Derek Lam as the senior designer in New York.
He launched his namesake label in 2018.
His impeccable eye for fabric and timeless design keeps fascinating women all over the world.





ADELAIDE
03-5474-0157

SHARE