Life is Beautiful : Clothing, Food & Plants, Housing

Life is Beautiful : Clothing, Food & Plants, Housing

大麻布の展示から考える、これからの衣食住

レストラン「eatrip」を主宰する野村友里と花屋「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」主宰の壱岐ゆかりの企画による展覧会「Life is beautiful : 衣・食植・住 “植物が命をまもる衣となり、命をつなぐ食となる”」が、GYRE GALLERYにて11月30日(火)まで開催中。

野村友里と壱岐ゆかりは原宿の同じ敷地で隣合わせにそれぞれ店を構え、20 年という月日を共に歩んできた間柄。


料理と花、いずれも本質的に「生」を扱う生業を通じて得た感覚を共有する2人の探求がこの数年で向かった先は、あらゆる生物の循環をもたらす土。

土に育まれた食物と植物を余すことなく生かし切っていたかつての衣食住から何を受け取り、どう生かし、次世代へと繋いでいけば良いのか、彼女たちはその循環の一部となれるような技法を今の時代に編み出そうと歩みを進めている。

今展は、そんな野村と壱岐の活動の道標となっている人々と共に想像を羽ばたかせ、考えを深めていく場として実現。

美術家で近世麻布研究所所長の吉田真一郎は、古来日本において特別な布であった大麻布を今に蘇らせるべく現代の紡績・製織技術のもと完成させたばかりの「麻世妙―majotae」の可能性について、古い大麻布のコレクションに触れながら紐解いた。

循環の中で時に衣となり、時に食となって人々の命を繋いできた植物の存在、そして古くから繰り返されてきた人々の営みを改めて体感しながら、私たちが向かうべき新たな「衣食住」が見出せるような展示となっている。

種を落としてはまた芽吹く、土を中心とした循環。
知恵の集積が息づくかつての衣食住が、自然からの限りあるギフトの生かし方について考えさせる。



GYRE
03-3498-6990




【Life is Beautiful : Clothing, Food & Plants, Housing “Plants serve as clothing that protects life, and food that sustains it”】
DATE:11月30日(火)まで開催中
TIME:11:00am~8:00pm
PLACE:GYRE GALLERY
ADDRESS:東京都渋谷区神宮前5-10–1 GYRE 3階
ADMISSION FREE
WEBSITE:gyre-omotesando.com/artandgallery/life-is-beautiful/

SHARE