LULA

【FEATURE】Interview|LA BOUCHE ROUGE Part 1

【FEATURE】Interview|LA BOUCHE ROUGE Part 1
サスティナブルな美の再定義

Photography by Toshiaki Kitaoka

地球だけでなく、身体にも優しくありたいという願いから始まった物語。
サスティナビリティが世界中で謳われている中で、メイクアップの更なる可能性を追求し続けるラグジュアリーブランド 「LA BOUCHE ROUGE」。

今回、伊勢丹新宿店に国内初のストアをオープン。
出店に伴い来日した、創設者 Nicolas Gerlierに、彼が描くブランドの理念やサスティナビリティ、そして、今後の美の定義について聞いた。



− まずはじめに、あなたがこのブランドを始めようとしたきっかけ、特にリップスティックについてお聞かせください。

私は、海洋汚染の原因になるプラスチック汚染の対策をブランドの理念にしており、リップスティックを1つのシンボルとして使っています。
リップスティックというのは、ほとんどの女性のハンドバッグに存在しているもの。
身近なものだからこそ、影響を与えやすいと信じています。
なので、汚染の対策と解決を最優先にしています。

何か変化をもたらし、より良い環境を作るためにも、人々にメッセージを伝えなくてはなりません。
今から5年以内に、この状況を変えることが私たちの世代の責任だと思うのです。

私が作っているリップスティックはプラスチックを使用しない、再解釈された美の定義を表しています。


− すべての人々の身近なところに、メッセージを届けてようとしているのですね。

リップスティックはカフェやバーなど、どこに行っても机の上に置ける美しいオブジェなのです。
そして、人前でも堂々と塗ることができる。
いわば、マニフェストのようなものです。

また、リップスティックは唇に塗るものなので、口に入ってしまうでもあります。
そこで私は、身体に優しいリップスティックを作るために、独自のものを制作したいと思いました。


− サスティナビリティをモットーに掲げているブランドは多く見かけますが、あなたのブランドはそれをさらに探究し、パッケージからリップ本体の至るところまでプラスチックを排除しましたね。

そのことはブランドのミッションでもあるからです。
「LA BOUCHE ROUGE」は1つの宣言でもあります。
フランス語で「赤い唇」を意味するとともに、「赤い声」とも意味します。

プラスチックを使わない美を唱える、赤い声。
この誓いは、ボトムアップ方式で取り組まれています。

プラスチックを伴わない商品だけでなく、製造過程、調合過程、包装、デザイン、ディストリビューション、および調達など、ありとあらゆるプロセスに気を遣っています。

「LA BOUCHE ROUGE」伊勢丹新宿店には、大理石、金属、紙はありますが、プラスチックはどこにも見当たりません。



− 「LA BOUCHE ROUGE」の掲げているミッションは素晴らしくて、とても重要なアクションですね。

自社のリップスティックを使って、新たなメッセージと美の概念を提案していきたいです。
ファッションとビューティを通して間接的に汚染問題の改善を図ることが目標としています。


− 「LA BOUCHE ROUGE」が環境だけでなく、ファッションやアートの領域まで、独特のアプローチをし始めたきっかけは何ですか?

「LA BOUCHE ROUGE」を起業した時に、他とは違ったユニークで素敵なものを作ろうと決心しました。
そして何よりも、ラジカルさや芸術性をブランドの理念の1つに組み込みたかったのです。

リップスティックのパッケージにも「Aspire for the Artistic Intellect(芸術的知性を志す)」と記載している通り、私たちのブランドは芸術性に敬意を示すことが目的でもあります。
私は以前「L’OREAL」のリュクス事業部門に勤めていたのですが、そこで学んだことを活かしながらも、自分なりのブランド像を芸術という形で「LA BOUCHE ROUGE」に取り組み始めました。

そこで、Self-Service Magazineのクリエイティブ・ディレクターのEzra Petronioにデザイン、言い換えればブランドのDNAの構築をお願いしたのです。
彼のおかげで、タイムレスでエレガントな商品ができたと思っています。

私は、メゾンというものは時代を超越していくものあり、常に進化し続けていくものだと信じています。
彼は見事に、その私のヴィジョンを具現化してくれました。


− インスピレーション源は何ですか?
リップスティックの色はどのように考えているのですか。

起業当時は、たった6色展開で始めました。
他のブランドのやっていることの正反対のことをしたかったのです。

生産数を少なく、そして完璧な商品を作ることに熱中したい。
他の人たちとは真逆のこと。
なので、色を作るときもパッションを持って作りたいです。
というよりも、パッションを色で表現したいのです。



LA BOUCHE ROUGE:
サスティナブルなリップスティックを展開するラグジュアリーブランド。
創設者 Nicolas Gerlierにより、2年間の研究開発期間を経て、2017年10月にブランドをスタート。
リップスティックはマイクロプラスチック、防腐剤、パラフィンや、動物性脂肪が含まれず、ケースもプラスチックを一切伴わないのが特徴。
持続可能性だけでなく、実用性やエレガントさをまとった芸術作品のようなルージュで世界中を魅了している。
www.laboucherougeparis.com/





A fairy tale that began from a dream of being kind to the earth as well as to the body.
Make-up line LA BOUCHE ROUGE keeps pushing the barriers of possibility and tendency in the make-up world.

Lula JAPAN interviewed the founder of the brand, Nicolas Gerlier and asked him on the prospects of his brand, about sustainability, and a new definition of beauty.



LA BOUCHE ROUGE is obviously all about lipsticks but what is it about lipsticks in particular that drove you with that fascination and passion?

My priority today is to fight plastic pollution and to reverse it. And I am using the lipsticks as a symbol because you can find a lipstick every handbag.
I believe if you want to change and influence things, you need to find something simple that is in the daily life of everybody.

So when you want to create something new, it is a responsibility to engage people to change their habits and to further as key of message.
I think our generation are in charge to influence and further sustainability in the next 5 years.
So my lipsticks are in a way a symbol of a new beauty without plastic.
That is the idea behind my brand.


So you are trying to put that message into every person’s handbag.

Yes, a lipstick is a nice object to put in the table in a bar, or cafe. It is something you can show and apply in front of everybody.
It is almost like a manifesto right?

I also think it is important because you are eating and consuming it too.
There are microplastic in every lipstick nowadays.


Nowadays it is relatively easy to find cosmetic brands that trying to be more ecological and eco-friendly.
But in the case of LA BOUCHE ROUGE, you went all the way there and you made it completely without plastic.
There is no plastic even in the packaging.

Yes, a lipstick is a nice object to put in the table in a bar, or cafe.
It is something you can show and apply in front of everybody.
It is almost like a manifesto right?

I also think it is important because you are eating and consuming it too.
There are microplastic in every lipstick nowadays.


Your brand has this unique take on art and fashion.
What was the turning point it made you to take your brand sustainable but also artistic and fashionable?

When I created this company I wanted to create something unique and nice.
And I wanted to place radicality and artistry as part of the brand.
In the commitment in the package we also have “Aspire to the Artistic Intellect” written on it.

A long time ago, I used to work for L’OREAL and I have learned a lot in there.
But I also wanted to reintroduce art as the heart of the company.

As the first step, I invited Ezra Petronio from Self-Service Magazine to create with me the design of the brand, or in the other words, the brand DNA.

And I am really proud and I have an infinite respect to what he has brought to the brand because it is something timeless and elegant.
I think that a maison is timeless, and it has to follow the time, and he helped me to nurture it.


How do you concept new colours?
Is there an inspiration?

We started our first collection with just 6 colours.
We wanted to do the opposite of the other brands.
Everybody is trying to create volume every time.
This mass production is part of the waste we have nowadays, and I think it is also part of the vision of the cosmetic industry today.
I want to reduce that and to stay focused and make something perfect.
Something completely opposite from the others.
And I feel the same when I am creating colours. I want to make passion.


LA BOUCHE ROUGE:
First luxury brand to launch a sustainable lipstick in the world.
After two years of intense research and development, founder Nicolas Gerlier started his brand on October 2017.
With a zero-plastic policy, its lipsticks is free from preservatives, valves, and animal fat as well as not containing any plastic and micro plastic in its vegan case.
The world is fascinated not only by its sustainable behaviour, but also by its practicality and elegance.

LATEST TOPICS