LULA

Kaye Donachie Exhibition

Kaye Donachie Exhibition
史実と想像が溶け合って生まれた、女性たちの内奥に潜む物語

Top Photo:Dream sower in the field of sleep, 2019, 60 x 50 cm, oil on linen
(C) Kaye Donachie, courtesy of Yuka Tsuruno Gallery, Tokyo / Maureen Paley, London

イギリスのアーティスト Kaye Donachieの個展「There might be someone else inside you, said the Mirror, beside you.」が、Yuka Tsuruno Galleryにて、12月7日(土)まで開催中。


歴史的なカウンターカルチャーに関心を寄せ、実在した、あるいは文学の中で登場した人物をもとに、史実と空想が混じり合った女性像を描き出すKaye Donachie。
グレーやブルー、グリーンが基調の淡く控えめな色彩に包まれたDonachieの作品は、人物表象の中に想像力が溶け合い、描かれた女性の潜在的な局面をほのめかすような矛盾を内包している。


The Adored, 2019, 61.5 x 46 cm, oil on linen (C) Kaye Donachie, courtesy of Yuka Tsuruno Gallery, Tokyo / Maureen Paley, London



Like sighs that fall, 2019, 65.5 x 50.5 cm, oil on linen (C) Kaye Donachie, courtesy of Yuka Tsuruno Gallery, Tokyo / Maureen Paley, London



Monotonous Remorse, 2019, 80 x 56 cm, oil on linen (C) Kaye Donachie, courtesy of Yuka Tsuruno Gallery, Tokyo / Maureen Paley, London

今展では、詩人のIris Treeや詩人でパフォーマーのEmmy Hennings、写真家のLee Millerなど、20世紀の芸術分野において勇敢にも慣習に囚われず功績を残した女性たちにインスピレーションを受け、現実と架空の時空間が折り重なるような新作絵画を発表。
そこでの女性たちは、そうした歴史上の人物を思い起こさせると同時に、気を散らしながら瞑想や夢想に耽っているように描かれ、無意識的なイメージが現実空間へと溶け込む瞬間として絵画上に再構築された。

また、タイトルには、アメリカの詩人 James Broughtonの詩「There might be someone else inside you, said the Mirror, beside you.(邦題:あなたのなかに誰か他の人がいるかもしれない / その鏡は言った / あなたのそばで)」が冠されている。


抽象的で秘めたる時空間を生きる、おぼろげな女性像。
幾重もの詩的な物語が、過去から現在へと呼び起こされる。

YUKA TSURUNO GALLERY  03-5781-2525


【Kaye Donachie “There might be someone else inside you, said the Mirror, beside you.”】
DATE:12月7日(土)まで開催中 ※日曜、月曜、祝日休廊
TIME:11:00am~6:00pm ※金曜は8:00pmまで
PLACE:Yuka Tsuruno Gallery
ADDRESS:東京都品川区東品川1-33-10 3F
ADMISSION FREE
WEBSITE:yukatsuruno.com/exhibitions/kayedonachie

LATEST TOPICS