LULA

Encounter|Valerie & Yuna

Encounter|Valerie & Yuna
編集部に届いた新たな才能

「Encounter=出逢い。」

世界中に存在する、アーティストたちとの巡り合い。
まだ花を咲かせる前の、若きクリエイターたちの才能を披露する場として。
彼らが表現する、瑞々しく、独創的な作品の中から
琴線に触れる作品を編集部がピックアップ。
選び抜かれた、フレッシュな感性に心を委ねて。


A uniquely precious encounter with artists from all over the world.
Like flowers before they bloom; as a platform to exhibit and nurture young talent, Lula JAPAN’s editorial team have selected the most vivid and genuine works from artists around the world.
Entrust your heart to this creative and fresh new sensibility.



No.66 “MY FRIEND THE MOON”

















Photography by Valerie Yuwen Hsieh
Styling by Yuna Kume
Art Direction by Matheus Katayama
Make-up by Lee Hyang Soon
Model by Molly at Anti-Agency



Valerie Yuwen Hsieh / Photographer(London based)

「Sentiment of Melancholy(メランコリックの雰囲気)」
アートディレクターが作成したムードボードとスタイリストのYunaのスタイルから、Petra CollinsやSofia Coppolaといったアーティストの作品のヴィンテージでレトロな感性を感じました。
2人とも私のインスピレーション源でもあります。

私は、この作品のメランコリーさがとても気に入っています。
メランコリーというのは憂鬱だけを意味するのではなく、意識のある哀しみを意味すると思います。

屋内では強い照明を使ってメランコリックの雰囲気を強調しました。そして屋外の照明は曇りの光で柔らかいライティングを生み出し、屋内と光の強弱で、完璧な調和を作りました。


Based on the moodboard by the Art Director and Yuna’s style, I got a sense of vintage/retro vibes, which reminds me of Petra Collins and Sofia Coppola’s works.
They are both my early inspirations.

I love how their works have this sentiment of melancholy.
For me melancholy doesn’t mean just depression, it’s the sadness with a sense of awareness.
In this shoot I tried to accentuate the melancholic atmosphere with strong continuous lights indoor. The overcast outdoor lighting also worked perfectly for the shoot.



Yuna Kume / Stylist (London based)

「Dreamy Accentuation(幻想的なアクセント)」
私の住んでいるロンドンのフラットには女の子6人が住んでいて、数えきれないほどの鏡があります。
その中でも私の部屋にある1つの鏡には、悪霊が閉じ込められていると言われていて、自分の精神面が崩れないようにその鏡を壁に伏せています。
私は、霊や神を信じる方なので、その家で過ごしているだけで楽しい気分になります。
ある時、大家さんが眠る前にこんな話をしてくれました。
「夢の中でプールに飛び込んだら私たちは魚になって、起きた時には何になっているのかな?」って。

この作品でもその話はインスピレーション源となっています。モデルのMollyのゴシックなスタイルは、幻想的なアクセントとなって溶け込んでいるのです。


There are six girls living in my flat here in London, and there are an uncountable amount of mirrors in here.
The one mirror in my room is believed to have an evil spirit trapped inside of it, and I faced it to the wall so that I won’t go crazy.
It is so delightful just to be at home since I believe in spirits and deities.

My landlord told me once before going to sleep.
“If we jumped into a pool and become fish in our dreams, what would we be when we wake up?”
And I think that in this shoot, Molly’s Gothic style accentuated the work in a dreamy way.





Valerie Yuwen Hsieh:
ロンドンを拠点とするフィルムフォトグラファー。
被写体の中に隠された繊細で巧妙な感情に焦点を置く。
現在、多様な文化に影響を受けて育った若者を撮るプロジェクトに取り組んでいる。
www.valerieyuwenhs.com

Analogue photographer based in London.
Focus on the subtle and delicate emotions hidden inside of the subject.
Currently working on a personal project about “Third Culture Kids.”

Yuna Kume:
ロンドンをベースに活動する日本人スタイリスト。
スタイリスト小薮奈央を師事した。
繊細で幻想的なスタイリングが鑑賞者を惹きつける。
www.instagram.com/kumeyuna/

Japanese fashion stylist based in London.
Assisted under stylist Nao Koyabu.
Her delicate and wondrous aesthetic both intrigues and captivate viewers.




RELATED ARTICLES:
編集部に届いた新たな才能


Encounter|Takuro Kishibe
lulamag.jp/encounter/art/photography/takuro-kishibe/2020

Encounter|Xavier Casanueva
lulamag.jp/encounter/fashion/xavier-casanueva/2020

Encounter|Nick Prideaux
lulamag.jp/encounter/fashion/nick-prideaux/2019

Encounter|Guille Sánchez
lulamag.jp/encounter/fashion/editorial/guille-sanchez/2019

Encounter|Makiyo Lio
lulamag.jp/encounter/fashion/editorial/makiyo-lio/2019


LATEST TOPICS