LULA

Inside of You|Tine Bek

Inside of You|Tine Bek
クリエイターが語る「紅色」から連想するもの

Top Photo:©Tine Bek

編集部がピックアップする、今をときめくクリエイターにissue 11のテーマである「紅色」から連想されるものを問う、インタビュー企画「Inside of you」。
新進気鋭のクリエイターが語る、それぞれが「紅色」から想起するストーリーとは。
テーマにリンクした、作品とともにチェックして。

“Inside of you” Further Story…
beni-iro No.5:Tine Bek/Artist



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek


「Indoor(室内)」
紅色について考えると、部屋、インテリア、建築が頭に浮かぶ。
私が紅色から連想するイメージの多くは、こういった非常に具体的な印象を持ちながら、
室内の居住空間と奇妙な関係を保っている。
落ち着いた感情でありながら、何かが表面下に隠されているような、未知で、悪いものでも良いものでもない、そんな秘密を感じさせる。

紅色を制作で使うたび、その支配的な存在は、最終的に作品のムードで仕上げてくれる。
背景やディテールとしてのみ使用した場合でさえも、その存在感が作品を支配し、主役の座を奪ってしまう。

紅色は、中身が少し見えている食べかけのさくらんぼを思い出させる。
女性の真っ赤な唇や、私がいつもモデルのジュリアとスティルライフを撮影していた、グラスゴーの自宅の古いキッチンの壁も。



‘Indoors’
When I think about the beniiro color, I think about rooms, interiors, and architecture.
A lot of my images related to the color have this strange relationship to indoor domestic spaces,
while having this specific feel to them.
The color reminds me of a very calm feeling, yet secret as something is hidden deep below the surface,
something unknown, however not bad nor good. The color always ends up setting the mood and dominating when I use it in my work.
Even if only present in the background or as a detail, it always becomes the protagonist and ends up stealing the show. Beniiro reminds me of half-eaten cherries with the insides sticking out,
a woman’s red lips, and the walls of my old kitchen in Glasgow where I always photographed Julia and still lives.



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek



©Tine Bek



Tine Bek:
デンマーク・コペンハーゲンに拠点を置くアーティスト。
写真、映画、インスタレーションなど創作は多岐にわたり、
周囲のオブジェクトやインテリア、建築を主題とする。
現在は、最新作品集「The Vulgarity of Being Three-Dimensional」の制作に取り組んでいる。
www.tinebek.com


Danish artist based in Copenhagen, working within the realm of photography,film and installation.With an interest in identity, roles and expectations Bek’s work investigate the rhythm and sometimes absurdity of our society by looking at the architecture, interiors and objects we choose to surround ourselves with.
Currently working on producing a new solo publications, “​The Vulgarity of Being Three-Dimensional”​ with Disko Bay Books.


RELATED ARTICLES:
クリエイターが語る、「紅色」から連想するもの


Inside of You|Paul Hiller
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/paul-hiller/2019

Inside of You|Isabel Reitemeyer
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/isabel-reitemeyer/2019

Inside of You|Manaka Nagai
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/manaka-nagai/2019

Inside of You|JinHee Kim
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/jinhee-kim/2019

LATEST TOPICS