LULA

Inside of You|Paul Hiller

Inside of You|Paul Hiller
クリエイターが語る「紅色」から連想するもの

Top Photo:©Paul Hiller

編集部がピックアップする、今をときめくクリエイターにissue 11のテーマである「紅色」から連想されるものを問う、インタビュー企画「Inside of you」。
新進気鋭のクリエイターが語る、それぞれが「紅色」から想起するストーリーとは。
テーマにリンクした、作品とともにチェックして。

“Inside of you” Further Story…
beni-iro No.4:Paul Hiller/Photographer



©Paul Hiller



©Paul Hiller



©Paul Hiller



©Paul Hiller


「Amusement park(遊園地)」
私は、中判カメラの特性を生かした、カラフルな作品を制作しています。
色は私の作品において最も重要な要素。
私の作風には、明るくてきらびやかな色が1番合っているのです。
その魅力を引き出すために、カラーフィルムで撮影し続けています。

もちろん、紅色も私の写真の中で幾度も登場しています。
また、時々無意識に写り込んでいることもあります。

私の記憶の中でも存在している紅色。
ドイツのどの移動遊園地でも必ず売られている、「Paradiesapfel」という伝統的なキャンディー。
それはりんご飴のように、深紅色の半透明な砂糖の層で覆われています。
最初のひとかじりはとても固いのですが、とてもわくわくする、甘いお菓子。
そして、子どもたちの大好物なのです。

また一方で、大きな遊園地で見られる「Kodak Red」という赤からも、紅色を想起します。
The Walt Disney社とKodak社が共に、どの写真にも美しく写る公園を設計しようと決断した、遊園地の歴史においての初めの頃。
2社は景観の合間に写るすべての道を赤にして、カラーコントラストを調整しました。

私は、このように考えられた上で赤が使われていることがとても興味深く、自分の作品にも取り入れるようにしています。



‘AMUSEMENT PARK’
All my works are full of colors.
It is even one of the most important parts of the work.
I try to celebrate the medium of photography with all its characteristics.
It works best for me with bright shiny colors.
To show them I use color negative film.

Of course, the color „Beni-iro“ appears again and again and and sometime even accidentally in many of my pictures.

In my memories, this color has also a deep connection. There is a traditional candy that you can find at any fun-fair in Germany called “Paradiesapfel.”
It is an apple glazed with a deep red semitransparent sugar layer.
You get it on a stick and you have to break a hard first layer of candy at your first bite.
It is fun and sweet.
Every child loves it!

Another thing is the famous “Kodak red“ that appears in every bigger amusement park that reminds me very much about beni-iro.
It was early in the history of the amusement park when Walt Disney and Kodak decided together to design a park that looks beautiful on every photo.
In order to achieve this goal, all paths between the landscapes were painted red to get a balanced color contrast.

I love this play with colors at all these staged places and I use for my work.



©Paul Hiller



©Paul Hiller



©Paul Hiller



©Paul Hiller



Paul Hiller:
ドイツ出身の写真家。
「happysad places(ほろ苦い思い出の場所)」をテーマに、世界中の遊園地やショッピングモールとの間に存在する、パステルカラーで人工的な風景を求めて探検し、写真を撮り下ろす。
最近は、日本の色彩やキャラクター文化に強い興味を抱いている。
www.paulmunich.de



RELATED ARTICLES:
クリエイターが語る、「紅色」から連想するもの


Inside of You|Isabel Reitemeyer
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/isabel-reitemeyer/2019

Inside of You|Manaka Nagai
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/manaka-nagai/2019

Inside of You|JinHee Kim
lulamag.jp/art-culture/issue-11/inside-of-you/interview/beni-iro/jinhee-kim/2019

LATEST TOPICS