LULA

Another Side of Lula JAPAN issue 11 “Functional Elegance”

Another Side of Lula JAPAN
issue 11 “Functional Elegance”

最新号の裏側を、未公開ビジュアルとともに紐解く

Lula JAPAN issue 11で撮影してくれた、フォトグラファーを紹介するスペシャル企画。
フォトグラファーたちのパーソナルな面、また、
今号のストーリーを別サイドから覗き込むようにその魅力を解き明かす。

第2回目は、ニューヨークの新進気鋭フォトグラファー Marie Tomanovaにインタビュー。
彼女が捉えたのは、心までを染め上げるような鮮烈な色彩とともにフレッシュな創造性を宿した、
「0 MONCLER RICHARD QUINN」の魅力。

作品のプロセス、さらに、彼女がセレクトした選りすぐりの未公開ビジュアルとともに堪能して。

Interview No.2:Marie Tomanova
from Fashion Story “Functional Elegance”


Photography by Marie Tomanova
Styling by Mana Yamamoto
Hair by Miho Emori at Kiki inc.
Make up by Nobuko Maekawa at Perle Management
Model by Suzi at Zucca Models












What does the “beni-iro” color reminds you of?


Crimson red screams passion!
It is a color I associate with love, danger, aristocracy and wild adventures.

It is a color that I connect with pulsing heart, blood and heartbeats accelerated with excitement.

It is a color that means power – power of love, power of life, power of living the adventure you have been always dreaming of.


Q. issue 11のテーマ「紅色」から何を連想しますか。


A. 深紅色は情熱を叫んでいるような色。
その色は私にとって、愛や危険、貴族、冒険を連想させます。

また、興奮する出来事によって拍動する心臓、血液、加速する鼓動の色とも結び付くでしょう。

また、紅色は力を意味する色です。
愛の力、生命の力、あなたが常に夢に描いてきた冒険を生き抜いていく力。
それらが、すべて含まれている。



Marie Tomanova:
チェコ出身の新進気鋭女性フォトグラファー。
写真家を志すきっかけの1つであったRyan McGinleyからもその実力を認められ、
ニューヨークで活躍の場を広げている。
被写体の力強い表情や個性を浮き彫りにするように捉えた、印象的なポートレート写真は、
目にする人々の心を虜にして止まない。
marietomanova.com



MAGAZINE HOUSE MOOK Lula JAPAN issue 11

全国書店、コンビニエンスストア、CDショップにて発売中

PRICE:¥1,400


MORE DETAILS:
lulamag.jp/fashion/art-and-culture/beauty/lulajapan-issue11/2019aw/beni-iro

SUBSCRIPTION:
fujisan.co.jp/pc/lulamag



RELATED ARTICLES:
0 MONCLER RICHARD QUINNが魅せる、創造性に満ちた機能美


Functional Elegance
lulamag.jp/fashion/editorial/moncler-genius/richard-quinn/my-precious/lula-japan-isssue-11/2019aw

Another Side of Lula JAPAN issue 11
最新号の裏側を、未公開ビジュアルとともに紐解く


Fashion Story “She is …” by Léa Wormsbach
lulamag.jp/fashion/another-side/lula-japan-issue-11/lea-wormsbach

LATEST TOPICS