LULA

ROGER VIVIER Presents 2019AW Campaign “Jewels to Shoes”

ROGER VIVIER Presents 2019AW Campaign “Jewels to Shoes”
ジュエリーのようなシューズがきらめく、若き女優たちの物語

「ROGER VIVIER」が、Susan SarandonとAnnasophia Robbをフィーチャーした、2019年秋冬キャンペーンムービーを発表した。


「ROGER VIVIER」のクリエイティブ・ディレクターに就任して2シーズン目を迎える、Gherardo Felloni。

今作でFelloniは、イタリアの映画監督Antonio Pietrangeliによる1965年制作のカルトフィルム「Io la conoscevo bene(私は彼女を良く知っていた)」にインスパイアされ、情熱と希望を抱く若き女優が、スターダムを夢見て大都会へやってくるストーリーを描き出した。



舞台となるのは、華やかで陽気なオスカー女優 Susan Sarandonが指導を行う、アップステート・ニューヨークの演劇のクラス。
そこでは、さながら着こなしのレッスンのように、ベルベットやスウェード、サテン、シルクといったさまざまな素材を用いた「ROGER VIVIER」のシューズが披露される。





個性が際立つシューズをまとった生徒たちの中でも、Annasophia Robbは際立つスター性を持ち、そのスタイリングはエフォートレスでエレガント。
輝くクリスタルやジェムストーンがあしらわれたシューズは、スーパースターに必要なジュエリーとして、足元に彩りを添えている。


今コレクションでも、Felloniはメゾンの3つの本質である、シルエット、色使い、独創性を重んじた表現で、コンテンポラリーなスタイルを証明。

Monsieur Roger Vivierによって1960年に生み出されたアーカイブヒールに着想を得た新たなヒール「Courbette」も誕生した。


また、コレクション全体に見られる、鮮烈なカラーとニュートラルなトーンが交差した贅沢なカラーパレットは、「ROGER VIVIER」のダイナミックなスピリットを体現している。


ドラマチックな舞台で繰り広げられる、きらびやかなシューズと女優たちの共演。
夢にあふれた、心躍るレッスンを覗いてみて。



ROGER VIVIER JAPAN 0120-957-940

LATEST TOPICS