LULA

Another Side of Lula JAPAN issue 10 “She is …”

Another Side of Lula JAPAN
issue 10 “She is …”

最新号の裏側を、未公開ビジュアルとともに紐解く

Lula JAPAN issue 10で撮影してくれた、フォトグラファーを紹介するスペシャル企画。
フォトグラファーたちのパーソナルな面、
また、今号のストーリーを別サイドから覗き込むようにその魅力を解き明かす。

第1回目は、連載企画「She is …」を撮影した、Boe Marionにインタビュー。
作品のプロセス、さらに、彼がセレクトした選りすぐりの未公開ビジュアルとともに堪能して。

Interview No.1:Boe Marion
from Fashion Story “She is …”






Photography by Boe Marion
Styling by Tamao Iida
Hair by Asahi Sano
Make up by Kanako Yoshida
Model by Maude Van Dievoet at The Hive Management
Production by Heather Lee at Visual Park
Location by St Clere Estate,
Kent at Farm Locations




Q. issue 10のテーマ「ホワイト」から何を連想しますか。


A. 私にとってホワイトは、色ではなく、光です。

目を閉じて瞼の裏側を見ようとすると、星屑のような白銀色の小さな粒が見えてきます。
それは私にとって、暗い、闇の中の光です。希望のようなもの。

また、ホワイトは雪を想起させます。
子供の頃、猛吹雪の山で濃霧のなか父親と遭難した記憶。
その時はかろうじて、暗くなる前に山小屋に戻れました。

雪は、私にとってとてもピュアな存在です。いつでも。
真っ白なブランケットのように、致命的で、鋭い冷たさがすべてを覆ってしまうのです。
そして、あらゆるものがより幻想的な姿になり、暖かい季節とはすっかり違って見える世界に、私たちを導いてくれるのです。

ホワイトはまた、死や死に際を思い起こさせます。
それ故に、私たちの棺は必ずホワイトなのです。


Boe Marion:
ニューヨークを拠点に活動する、ノルウェー生まれのフォトグラファー。
2016年に、クリエイティブディレクターのJakob de Tobonとコラボレートし出版した初の写真集「The Tarn」は、深い自然で撮り下ろされたファッション写真とポートレイト写真、ランドスケープ写真が1冊に凝縮された、幻想的な世界観が話題を呼んだ。現在、2冊目の制作に取り掛かる。
静寂の空気が漂う繊細な作品は、恍惚とする美しさ。
boemarion.com


MAGAZINE HOUSE MOOK Lula JAPAN issue 10

全国書店、コンビニエンスストア、CDショップにて発売中

PRICE:¥907

SUBSCRIPTION:

www.fujisan.co.jp/product/1281696255/campaign/lulajapan-web/


LATEST TOPICS