LULA

Morris & Co. and The Art of Wallpaper from The Sanderson Archive

Morris & Co. and The Art of Wallpaper from The Sanderson Archive
手仕事を愛する近代デザインの創始者が生み出した、不変の美しさ

Top Photo:ウィリアム・モリス《バチェラーズ・バトン(やぐるまぎく)》1892年、サンダーソン社蔵 (c) Morris & Co.

デザイナー、詩人、思想家、工芸家として19世紀ヴィクトリア朝のイギリスで、その豊かな才能を開花させたWilliam Morrisの展示が、
群馬県立近代美術館にて8月26日(日)までの期間開催中。


ウィリアム・モリス《サンフラワー(ひまわり)》1879年、サンダーソン社蔵 (c) Morris & Co.


ウィリアム・モリス《トレリス(格子垣)》1864年、サンダーソン社蔵 (c) Morris & Co.

産業革命により大量生産が主流となった19世紀に、Morrisは時間のかかった丁寧な手仕事を愛し、自然の美を讃えた鮮明なデザインを生み出した。

Morrisが新婚生活を送るために建てた「レッドハウス」は、設計から家具、壁紙、カ-ペット、タペストリ-にいたるまでMorrisと友人達の手により制作され、「世界で最も美しい家」と呼ばれる。
この時Morrisは、自身の目指す快適な生活空間には家具や壁紙が欠かせないものだと気づき、木版による美しい壁紙を創作。
これまでのリアリズムに基づいた奥行のある壁紙空間から離れ、平面的な造形の中に活き活きと鳥や草花を表現し、装飾と自然の新しい関係を追求した。

壁面いっぱいに優雅に広がる草花は、100年以上経った今でも人々を魅了する、居心地のよい空間を演出している。

本展では、英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵する貴重な壁紙や版木など約130点が日本初公開。
19世紀に隆盛期を迎えた英国壁紙デザインの変遷を辿る。


人々へ不変の美しさを届け、
近代デザインの創始者と謳われるWilliam Morris。
麗しき芸術の世界に、想いを馳せて。

THE MUSEUM OF MODERN ART, GUNMA 027-346-5560

【Morris & Co. and The Art of Wallpaper from The Sanderson Archive】

DATE:8月26日(日)まで開催中 (月曜 休館)
TIME:9:30am~5:00pm
PLACE:群馬県立近代美術館 展示室1
ADDRESS:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
ADMISSION :一般 820円、大高生 410円、中学生以下 無料
WEBSITE:www.mmag.pref.gunma.jp

LATEST TOPICS