LULA

Joseph Cornell Collage & Montage

Joseph Cornell Collage & Montage
木箱やフィルムに収められた、ジョゼフ・コーネルの世界

Top Photo:
《ローズ・ホバート》(映像作品)1936年頃 京都精華大学
Courtesy The Museum of Modern Art, New York ©️ 1995 The Museum of Modern Art

20世紀アメリカのアーティスト Joseph Cornellの展覧会「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」が、DIC川村記念美術館にて、6月16日(日)まで開催中。

お気に入りの品々を木箱に収めた「箱」の作品や、前衛的な実験映画の制作で知られる、Joseph Cornell。
Max ErnstやSalvador Daliなど、シュルレアリスム芸術から影響を受けたCornellは、独自の魅力を放つ多彩なコラージュ作品も手掛けていた。
平面コラージュの手法は、それが立体的に繰り広げられるアッサンブラージュの箱、そして時間軸上で展開するモンタージュ(編集)による映画にも連なり、彼の創作の原点と言える。


コラージュ作品を経て、Cornellは生涯を通じ、ニューヨークの古書店や雑貨店で探し求めた品々を手製の木箱のなかで組み合わせたアッサンブラージュ作品を制作。
書物の切り抜きや絵画の複製写真、コーディアルグラスやコルク球といった小物は、箱の中に配置されると互いに詩的な連関を帯びて響き合い、暗示的なイメージとして作家の世界を構成する。


また、映画を愛したCornellは、映像作品の制作も行う。
自ら蒐集した既成の映画フィルムの断片をコラージュした作品や、映像作家の協力を得て主にニューヨークの街中で撮影した作品を監督し、戦後のアメリカを中心に展開した実験映画の先駆者としても評価されている。


今展では、DIC川村記念美術館所蔵のコレクションに加え、国内の美術館や個人蔵の箱、またコラージュ作品約50点が集結。

さらに、これまで紹介されることの少なかった映画を上映し、Cornellがデザインした雑誌をはじめとした印刷物、日記や構想ノート、友人たちと交わした手紙などの資料も合わせて展示することで、幅広い仕事を貫く精神を見つめ、作品制作に繋がる彼の日常や人物像にも迫る。


アッサンブラージュや実験映画のパイオニアが残した、数々の作品。
個々の断片が共鳴する、Cornellの世界の魅力を紐解いて。

HELLO DIAL 050-5541-8600


【Joseph Cornell Collage & Montage】
DATE:6月16日(日)まで開催中
TIME:9:30am~5:00pm ※入館は4:30pmまで
PLACE:DIC川村記念美術館
ADDRESS:千葉県佐倉市坂戸631
ADMISSION:一般 ¥1,300、学生・65歳以上 ¥1,100、小中高 ¥600
WEBSITE:kawamura-museum.dic.co.jp

LATEST TOPICS