LULA

Gustav Klimt Vienna-Japan 1900

Gustav Klimt Vienna-Japan 1900
世紀末ウィーンの精華が集結する、きらびやかな祭典

世紀末ウィーンを代表する画家 Gustav Klimtの展覧会「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が、東京都美術館にて4月23日(火)から7月10日(水)まで開催する。


写実的でアカデミックな作風によって才能が認められ、劇場の壁画装飾などで名を馳せた、Klimt。
1897年には、保守的なウィーンの画壇から離脱し、自ら結成したウィーン分離派の会長として、絵画や彫刻、建築工芸の融合を目指す総合芸術を志向した。

その後、金箔を多用する「黄金様式」の時代を経て、抽象的な色面と人物を組み合わせた独特の画風を確立し、ウィーンモダニズムの旗手として活躍。
華やかな装飾性と世紀末的な官能性を併せ持つ彼の作品は、Egon Schieleら次世代の画家たちにも多大な影響を与えた。











今展では、世界的殿堂ともいえるウィーンのベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館の所蔵作品を中心に、彼と共に活躍した同時代の画家たちの作品も紹介。
展示作品には、油彩画に初めて本物の金箔を用いたことでも知られる「Judith I」や、全長34メートルにも及ぶ壁画「Beethoven Frieze」の精巧な原寸大複製も展示され、初期の自然主義的な作品から、甘美な女性像、知られざる風景画まで、日本では過去最多となる25点以上の油彩画が揃い、その壮麗さと迫力を体感することができる。


東京では、実に約30年ぶりとなるKlimtの大型展。
今なお国内外で圧倒的な人気を誇る作品の数々が、一堂に会する貴重な機会を見逃さないで。

HELLO DIAL 03-5777-8600


【Gustav Klimt Vienna-Japan 1900】
DATE:4月23日(火)〜7月10日(水)
※5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)休館
TIME:9:30am~5:30pm ※金曜日は8:00pmまで(入室は閉室の30分前まで)
PLACE:東京都美術館 企画展示室
ADDRESS:東京都台東区上野公園8-36
ADMISSION:一般 ¥1,600、大学生・専門学校生 ¥1,300、高校生 ¥800、65歳以上 ¥1,000

※5月15日(水)、6月19日(水)はシルバーデーにより、65歳以上の方は無料。当日は混雑が予想されます。
※6月1日(土)〜6月14日(金)は大学生・専門学校生・高校生無料。

WEBSITE:klimt2019.jp

LATEST TOPICS