LULA

Clare Woods: Doublethink

Clare Woods: Doublethink
美しく歪められた身体に投影された、脆さや儚さ

Top Photo:Clare Woods, How Little I Know, 2019
Oil on aluminium, 100 x 100 x 3 cm (39 3/8 x 39 3/8 x 1 1/8 in.)
Courtesy of the artist and Simon Lee Gallery

イギリスのアーティスト Clare Woodsの展覧会「Doublethink」が、ロンドンのSimon Lee Galleryにて、9月6日(金)から10月6日(日)まで開催される。


モチーフが色彩の渦に溶け出したような、独特の絵画作品を制作するClare Woods。
もともと彫刻を扱っていたWoodsは、物理的形態の探究を続け、2次元のイメージにおける彫刻的なアプローチやフォルムへの強い関心は、彼女の絵画上の実践を支えている。

初期は主に風景画を描いていたものの、Woodsは次第に人間の身体を表現することに没頭し、死や衰退、病といったテーマとの繋がりが作品に表面化。

新たな制作において、彼女は本やインターネット、他のアーティストによる作品、新聞の報道写真など、さまざまなものからインスピレーションを受けている。


Clare Woods, Ownlife, 2019, Oil on aluminium, 150 x 150 x 3 cm (59 1/8 x 59 1/8 x 1 1/8 in.), Courtesy of the artist and Simon Lee Gallery

儚さや弱さ、死、無力、ひいては病と健康、残酷さと慈愛、生と死との間に存在する繊細な境目と関連した、Woodsの作品。
明るく色づけられ、構図を歪ませた抽象絵画でありながら、彼女の表現は擬人的であり、人間の頭や手足、胴体を想起させる。
それはまるで、歪んだレンズを通して身体を見ているかのようであり、それを異化しているようでもある。

また、Woodsの絵画におけるアプローチは、陳腐な事柄と大きな災害を同様に扱ってしまうような、世界に蔓延るイメージの過剰消費を反映。

人間の記憶や現実は、メディアによって操作されたデジタルなイメージの中で語られ、人々はそうしたイメージをいとも簡単に、考えなしに消費する。

このような状況に対抗した、複眼的な解釈を要する彼女の絵画は、イメージの処理に対する責任の再考を鑑賞者に促している。


Clare Woods, This is Now, 2019, Oil on aluminium, 150 x 100 x 3 cm (59 1/8 x 39 3/8 x 1 1/8 in.), Courtesy of the artist and Simon Lee Gallery

彫刻に由来した歪なフォルムに、時に毒気を帯びる色彩。
観る者を飲み込むようなWoodsの幻想的な世界が、表象の在り方を問う。


SIMON LEE GALLERY(LONDON) +44 (0)20 7491 0100


【Clare Woods: Doublethink】
DATE:9月6日(金)~10月6日(日)※土曜、日曜休館
TIME:10:00am~6:00pm
PLACE:Simon Lee Gallery(London)
ADDRESS:12 Berkeley Street, London W1J 8DT, U.K.
ADMISSION FREE
WEBSITE:www.simonleegallery.com

LATEST TOPICS