LULA

Unknown Image Series no.8 #1 YAMAMOTO Ayaka “organ”

Unknown Image Series no.8 #1 YAMAMOTO Ayaka “organ”
空の器としての身体に宿る、言葉にならざる歌

Top Photo:Ayaka Yamamoto, “organ”, 2019, 4K, video, 7’05” ©Ayaka Yamamoto / Courtesy of Taka Ishii Photography / Film

写真家として国内外で活動する山元彩香の展覧会「Unknown Image Series no.8 #1 YAMAMOTO Ayaka “organ”」が、void+にて、11月30日(土)まで開催中。


「Unknown Image」は、2011年にスタートした、インディペンデントキュレーター カトウチカが企画する展覧会のシリーズの一環で、強く鮮やかな未知のイメージを創出する女性作家5名による、連続個展形式のグループ展として開催される。

第1弾の山元彩香は、東欧やアフリカなど、自身の知識や経験、言葉の通じない国々へ赴き、現地で知り合った少女たちのポートレートを撮り続けているフォトグラファー。
まるで古典的な絵画のような彼女の写真は、被写体が虚ろな表情でどこか遠くを見つめていたり、死者のごとく目を閉ざしていたり、あるいは仮面やベールで素顔を覆っていたりと、神秘的で静謐な美しさを湛えている。

言語に頼らないコミュニケーションによって、被写体と共同作業でイメージを作り上げる山元の撮影は、彼女たちがまとっていた衣服や名前、記憶、自意識をすべて剥ぎ取って新たな姿を与えるものであり、写真の持つ本質的な暴力性を孕む。
山元は、そうした属性をいくら奪おうとしても奥底に残る何かを見出し、イメージの謎そのものを見つめてきた。


Ayaka Yamamoto, “Untitled #141”, 2014, C-print, ©️Ayaka Yamamoto / Courtesy of Take Ishii Gallery Photography / Film

今展では、写真作品のほか、2019年にラトビアで撮影した映像作品が展示される。

山元は初めてラトビアを訪れた際、毎朝聞こえてくる友人の鼻歌をきっかけに、人間の内部に無意識的に蓄積されている記憶が音となって発せられた、言葉になる以前の声との出会いを経験。
タイトルの「organ」は、空の器としての身体を意味し、時間の中に置かれた空の器はいかなる音を宿すのか、映像という山元の新たな試みにおいてさらなる問いを生じさせている。


他者へと循環する、心ともなく放たれた声。
身体という容れ物に憑依した、見えざるかすかなものを掴んで。

VOID+ 03-5411-0080


【Unknown Image Series no.8 #1 YAMAMOTO Ayaka “organ”】
DATE:11月30日(土)まで開催中 ※日曜、月曜、祝日休廊
TIME:2:00pm~7:00pm
PLACE:void+
ADDRESS:東京都港区南青山3-16-14 1F
ADMISSION FREE
WEBSITE:www.voidplus.jp/

LATEST TOPICS