LULA

“Inside of you” Further Story… No.4:Rachael McCully Kerwick/Artist

Lula JAPAN issue 8 “Inside of you”
Further Stories - Rachael McCully Kerwick

クリエイターが語る、「黄色」から連想するもの

Top Photo:©Rachael McCully Kerwick

編集部がピックアップする、今をときめくクリエイターに
issue 8のテーマである「黄色」から連想されるものを問う、インタビュー企画「Inside of you」。
今回、誌面では掲載しきれなかった内容をウェブサイトにて披露。
新進気鋭のクリエイターが語る、それぞれが「黄色」から想起するストーリーとは。
テーマにリンクした、作品ビジュアルとともにチェックして。

“Inside of you” Further Story…
No.4:Rachael McCully Kerwick/Artist



©Rachael McCully Kerwick



©Rachael McCully Kerwick

「Cheeriest(最も陽気)」
10代の頃、私は自分の部屋を明るいイエローでペイントしました。
私の部屋は、家の中でも最もハッピーな部屋になったので、家族がよく集うようになりました。
私がスケッチブックに囲まれながらベッドの上で集中して宿題をしている横で、家族の誰か3人が座り、帰り道で始まったおしゃべりに熱中していたりするのです。

私は、壁のイエローを選んだ時のことを覚えています。
どんな悲しみも消してしまうように、手に入る中で一番陽気な色を選びました。
それは、レモンイエローでした。
それから長い間、人生に必要な要素を選ぶ時、不必要な感情から逃れるために、この色を使っていました。
つまり、それは幸せの色。

悲しい映画は観ない。感傷的な音楽は聴かない。
アングリーロックやヘヴィメタルで悲しい気持ちを追いやりたい時は、幸福を選ぶために別のジャンルは選ばない。

20代になってから、古くて堅実なマスタードイエローがとても好きになりました。
その色は、読書灯の優しい光や秋の美しさ、最後に死と再生が訪れる自然の営みを彷彿とさせます。
ただ、死や再生といった事柄は、私を人生のメランコリックな側面に向かわせるので、愛する人の死を描く本や映画には未だに慣れないのです。
女性はそういったことに強いとは思うのですが…。


‘CHEERIEST’
When I was a teenager I painted my room a bright shade of yellow.
It was the happiest room in the house and family members tended to congregate there.
I would be sitting on my bed doing homework, surrounded by sketchbooks, and suddenly there would be another three people sitting there too, deep in a conversation that had started somewhere between a car ride home and me surfacing from an intense period of concentration.

I remember choosing the shade to paint the walls.
I would paint it the cheeriest color I could find, and it would make all the sad feelings melt away.
Lemon Yellow.

For a long time I chose this strategy, carefully curating elements of life to stop emotions from surfacing unnecessarily.
Happy colors.

No sad movies. No sad books.No emotive music.
Whole genres were banned in my quest for happiness and when the sad feelings did emerge, I was ready to knock them down with a dose of angry rock or heavy metal.

Twenty years on, I prefer the ‘older and wiser’ shade of mustard yellow.
It makes me think of warm light from a reading lamp or the beauty of Autumn and nature’s cycles, which ultimately is about death and renewal.
But while this suggests I’m now embracing the more melancholy side of life, I must confess I still refuse to go near books or films that mention the death of a loved one.
A woman can only handle so much…

Rachael McCully Kerwick:
オーストラリア・メルボルンのアーティスト。
どこか懐かしさを感じるようであるながらモダンなバランスで構成されるアブストラクト作品を創り出す。
www.instagram.com/rachaelkerwick/


RELATED ARTICLES:
クリエイターが語る、「黄色」から連想するもの


Further Stories – Michiel Martens&Jetske Visser
www.lulamag.jp/art-culture/issue-8/inside-of-you/interview/michiel-martens-jetske-visser

Further Stories – Shea Goitia
www.lulamag.jp/art-culture/issue-8/inside-of-you/interview-shea-goitia

Further Stories – Karine Léger
www.lulamag.jp/art-culture/issue-8/inside-of-you/interview-Karine-Leger

  • Rachael McCully Kerwick
  • Artist
  • Inside of you
  • Interview
  • Art&Culture

RECOMMENDED ARTICLES