LULA

Lula JAPAN issue 8 “Inside of you” Further Stories – Shea Goitia

Lula JAPAN issue 8 “Inside of you”
Further Stories - Shea Goitia

クリエイターが語る、「黄色」から連想するもの

Top Photo:©Shea Goitia

編集部がピックアップする、今をときめくクリエイターに
issue 8のテーマである「黄色」から連想されるものを問う、インタビュー企画「Inside of you」。
今回、誌面では掲載しきれなかった内容をウェブサイトにて披露。
新進気鋭のクリエイターが語る、それぞれが「黄色」から想起するストーリーとは。
テーマにリンクした、作品ビジュアルとともにチェックして。

“Inside of you” Further Story…
No.2:Shea Goitia/Artist



©Shea Goitia

「Sofa(ソファー)」
子どもの頃、実家にはソファーセットがありました。
貫禄たっぷりに佇む、とても素敵なロングソファーとお揃いのアームチェアーのセット。どちらもマスタード色のベルベット生地で、とても70年代の雰囲気を漂わせていました。

初めて部屋を整える際に家具もなくお金もなかった場合、その家具があまり気に入ってなかったとしても無料で人から譲ってもらうこともあるでしょう。
まさに両親はそうしてそのソファーセットを手に入れたのでした。

それから何年かして両親はより部屋に合う家具を手に入れたので、そのくたびれたソファーセットはほとんど使われないリビングルームに追いやられてしまいました。
けれども、私は子どもの頃からそのソファーセットが大好きだったのです。本当に心から慣れ親しんでいました。
後ろについた房の質感も、ソファーに沈み込む心地良さも。
中でも最も好きだったのは、部屋に温もりを与えてくれるそのマスタードの色でした。

私は両親に、私が大きくなって引っ越しをする時に持って行きたいから、あのソファーセットを捨てないで欲しいと懇願しました。
その後カレッジを卒業して街に移り住むことになった際、私が仕事で出てしまっている間に、両親と兄弟が家具を届けてくれました。
白い壁に囲まれた何もない部屋に戻った時、窓辺に置かれたマスタードイエローのソファーが午後の光を浴びて堂々とまるで光を放っているように見えたあの瞬間を私は忘れることが出来ません。

それを手に入れて私は心から安心し、人生を常に共にすることをまさに運命だと感じていました。
今でも、ソファーのイエローが私に温もりと安らぎを与えてくれています。


‘SOFA’
When I was growing up, my parents has this sofa set- a lovely long sofa and matching armchair in all their tufted glory. Both were crushed velvet and the most vibrant mustard yellow.
Very, very reminiscent of the seventies.

When you’re in your first place and don’t have much furniture or money to your name, you accept whatever free furniture people will give you, even if you hate it…and that’s what they did.

As years passed and they brought a living room set that was more suited to their tastes, the mustard yellow set was relegated to the formal living room that no one used. But from a young age, I adored this sofa. Absolutely adored it.
The textured tufts of it’s backing, how it was so comfortable to just sink into, and most of all, the warmth that the color brought to the room.

I told my parents that they were never allowed to get rid of the set, because whenever I became an adult and moved out, I wanted it for my own home.
When I graduated from college and moved to a new house in a new city, my parents and brother helped to move my furniture while I was at work. I’ll never forget walking into my house, completely empty and full of white walls, and seeing that mustard yellow sofa, in all it’s splendor, placed perfectly under the window, soaking up the warm afternoon light, and almost radiating light itself.

It was such a comfort to have this piece, a constant throughout my life that could now fully realize it’s destiny.
To this day, that sofa, and that color, still bring me warmth and comfort.

Shea Goitia:
アメリカ出身のエンブロイダリーアーティスト。
トラディショナルな手刺繍でデザインする、カラフルでコンテンポラリーな表現に注目が集まっている。
www.instagram.com/shealexago/


RELATED ARTICLES:
クリエイターが語る、「黄色」から連想するもの


Further Stories – Karine Léger
www.lulamag.jp/art-culture/issue-8/inside-of-you/interview-Karine-Leger

LATEST TOPICS